国立大学法人 電気通信大学大学院情報システム学研究科/ドワンゴ人工知能研究所  栗原 聡

業績リスト一覧(更新止まってます(^^;; )

論文・ジャーナル


  • 篠田孝祐,榊剛 史,鳥海不二夫,風間一洋,栗原 聡,野田五十樹,松尾 豊,東日本大震災時におけるTwitterの活用状況とコミュニケーション構造の分析,日本知能情報ファジィ学会, (採録決定),2012.
  • 渡辺友太,栗原 聡,廣津登志夫,菅原俊治,” 段階的推定モデルによるセンサネットワークのトポロジー推定”, 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, Vol. 4, No. 4, pp.37-48. 2011.
  • 松本光弘,岡野真一,森田哲郎,沼尾正行,栗原 聡,”PCにおけるユーザ操作を可視化するタスク想起支援手法の提案”, 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, Vol. 4, No. 3, pp. 35-48, 2011.
  • 白井 嵩士, 矢野 純史, 西村 茂樹, 香川 浩司, 森田 哲郎, 沼尾 正行, 栗原 聡,“マルチエージェントモデルによる信号機オフセット制御法の提案”,人工知能学会論文誌, pp. 324-329, Vol. 26, No. 2, 2011.
  • 佐藤 進也, 福田 健介, 廣津登志夫, 栗原 聡, 菅原 俊治, "ブロガーの相互関係に潜在するアイテムの相互関係", 日本ソフトウェア科学会「コンピュータソフトウェア」, pp. 145-153, Vol. 28, No. 1, 2011.
  • Toshiharu Sugawara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Shin-Ya Sato, Osamu Akashi and Satoshi Kurihara, "Fluctuated peer selection policy and its performance in large-scale multi-agent systems", Web Intelligence and Agent Systems: An International Journal 8 (2010), pp. 255-268, 255 DOI 10.3233/WIA-2010-0190 IOS Press.
  • 福井 健一, 赤崎 省悟, 佐藤 一永, 水崎 純一郎, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行,"カーネルSOMによる損傷評価のための隣接性を考慮した分類性能評価" 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, 3 (1), pp. 36-48, 2010.
  • 福井 健一, 赤崎 省悟, 佐藤 一永, 水崎 純一郎, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行. "固体酸化物燃料電池における損傷過程の可視化", 日本機械学会論文集A編, 76 (762), pp. 223-232, 2010.
  • 玉置 洋, 矢野 純史, 香川 浩司, 森田 哲郎, 沼尾 正行, 栗原 聡, "複数の交通情報を効率的に利用する最適な交通情報提供手法の構築", 人工知能学会論文誌, 25 (3), pp. 394-399, 2010.
  • 福井 健一, 赤崎 省悟, 佐藤 一永, 水崎 純一郎, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行,"カーネルSOMによる損傷評価のための隣接性を考慮した分類性能評価", 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, 3 (1), pp. 36-48, 2010.
  • Ryozo Kiyohara, Satoshi Mii, Mitsuhiro Matsumoto, Masayuki Numao, and Satoshi Kurihara, "A New Method of Fast Compression of Program Code for OTA Updates in Consumer Devices", IEEE TRANSACTIONS ON CONSUMER ELECTRONICS, Vol. 55, Issue. 2, 2009.
  • 菅原俊治, 栗原 聡, 廣津登志夫, 福田健介, "大規模マルチエージェ ントシステムのための確率的落札戦略の提案と評価", 電子情報通信学会論文誌D, Vol. J92-D, No. 11, pp. 1840-1850, 電子情報通信学会, Nov., 2009.
  • 高橋謙輔, 栗原 聡, 廣津登志夫, 菅原俊治, "フェロモンモデルを用いたセンサーネットワークトポロジーの自動推定," 電子情報通信学会論 文誌D, 電子情報通信学会, 2009. J92-D (11), pp. 851-1860. Nov. 2009.
  • 黒田大陽,廣津登志夫,福田健介,栗原 聡,明石 修,菅原俊治, “アドレスの動的変更による自律防御基盤の設計と実装”, 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム,Vol. 2, No. 2, pp. 23-32, 2009.
  • 廣津登志夫,福田健介,栗原 聡,明石 修,菅原俊治, “分散仮想ルータのための動的中継点制御機構”, 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム,Vol. 2, No. 1, pp. 123-132, 2009.
  • 山下長義,森山甲一,沼尾正行,栗原 聡, “リンク構造に基づいたWWWからのトピック抽出”, 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用」(TOM), Vol. 2, No. 1, pp. 133-144,2009.
  • Toshihito Sugimoto, Roberto Legaspi, Akihiro Ota, Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara, and Masayuki Numao, “Modeling affective-based music compositional intelligence with the aid of ANS analysis”, Knowledge-Based Systems (Elsevier Science). 21 (3), pp. 200-208, 2008.
  • Koichi Moriyama, Mitsuhiro Matsumoto, Ken-ichi Fukui, Satoshi Kurihara, and Masayuki Numao, “Reinforcement Learning on a Futures Market Simulator,” Journal of Universal Computer Science, Vol. 14, No. 7, pp. 1136-1153, 2008.
  • 福田健介, 佐藤進也, 明石修, 廣津登志夫, 栗原 聡, 菅原俊治, "ネットワーク トポロジの次数情報に着目したサーバ・クライアント負荷分散方式の提案と評価", コンピュータソフトウェア(日本ソフトウエア科学会), Vol. 24, No. 4, pp. 78-87, 2007.
  • 佐藤進也, 福田健介, 菅原俊治, 栗原 聡, "文書ストリームにおける語のバーストと共起ネットワークにおけるクラスタ構造の関係について", 情報処理学会論文誌:データベース, Vol. 48, No. SIG 14 (TOD 35), pp. 69-81, 2007.
  • 菅原俊治, 福田健介, 廣津登志夫, 栗原 聡, “大規模自律エージェントシ ステムにおける契約ネットプロトコルの効率特性," 情報科学技術レターズ (Information Technology Letters), Vol. 6, pp. 165-168, 電子情報通信学会/情報処理学会, 2007.
  • 山下 長義, 沼尾 正行, 栗原 聡, “構造同値に基づくリンク解析を用いたWeb文書からのキーワード抽出”, 情報科学技術レターズ, Vol. 6, pp. 145-148, 2007.
  • 玉置 洋, 福井 健一, 沼尾 正行, 栗原 聡, “フェロモンを介したエージェント協調モデルによるセンサー隣接関係構築法の提案”, 情報科学技術レターズ, Vol. 6, pp. 153-156, 2007.
  • 寺内敦, 明石 修, 丸山充, 菅原俊治, 福田健介, 廣津登志夫, 栗原 聡, 小柳惠一, "広域ネットワークに対応したマルチエージェント組織化支援シ ステム", 人工知能学会誌, Vol. 22, No. 5, pp. 482-492, 2007.
  • 菅原俊治, 栗原 聡, 佐藤進也, 福田健介, 明石修, 廣津登志夫, "エージェント選択戦略によるマルチエージェントシステムの効率と構造について", 電子情報通信学会論文誌 D, Vol. J90-D, No.3, pp. 874- 886, 2007.
  • 菅原俊治,栗原 聡,青柳滋己,佐藤孝治,高田敏弘, "クリッカブルなオブジェクトの撮影の一方式とその評価", 情報処理学会論文誌, Vol. 46, No. 5, pp. 1330-1342, 2005.
  • 森田正彦,齋藤達也,栗原 聡,小檜山賢二,”スリット光を用いた3次元モデル撮影システムの設計と実装”, 画像電子学会誌,Vol. 33, No. 4-B, 2004.
  • 栗原 聡,廣津登志夫,高田敏弘,明石修,菅原俊治, "ユーザのアクセス 履歴を利用した類似WEB サイト発見手法", 電子情報通信学会論文誌 D-I, Vol. J87-D-I, No. 6, pp. 741-742, 2004.
  • 栗原 聡,福田健介,廣津登志夫,明石修,佐藤進也, 菅原俊治, "集合知 における行動制約と間接的協調による全体的秩序生成過程", 情報科学技術レターズ (Information Technology Letters), Vol. 2, pp. 117 - 119, 電子情報通信学会/情報処理学会, 2003.
  • 栗原 聡,齋藤 達也,森田 正彦,小檜山 賢二, “小物体を対象とする超高精細3次元スキャニング法の提案および装置の開発”, 情報科学技術レターズ (Information Technology Letters), Vol. 2, pp. 741- 742, 電子情報通信学会/情報処理学会, 2003.
  • 栗原 聡,廣津 登志夫,高田 敏弘,明石 修,菅原 俊治, ”リンク情報によるWebページ間の類似 度推定”, コンピュータソフトウェア, Vol. 18, No. 6, 2001.
  • Satoshi Kurihara, Rikio Onai and Toshiharu Sugawara, “Adaptive Reinforcement Learning Integrating Exploitation- and Exploration-oriented Learning”, Journal of Advanced Computational Intelligence, Vol. 3, No. 6, 1999.
  • 栗原 聡, 菅原俊治, “経験強化と環境同定を統合するマルチエージェント強化学習法の提案,” コンピュータソフトウェア, Vol. 16, No.2, 1999.
  • Satoshi Kurihara and Rikio Onai, “Self-organization based on nonlinear nonequilibrium dynamics of autonomous agents,” Artificial Life and Robotics (Springer-Verlag), Vol. 2, No. 3, 1998.
  • Satoshi Kurihara, Shigemi Aoyagi, Rikio Onai, and Toshiharu Sugawara, “Adaptive selection of reactive/deliberate planning for a dynamic environment”, Robotics and Autonomous Systems (Elsevier Science), Vol. 24, No. 3-4, 1998.
  • 栗原 聡, 青柳 滋己, 尾内 理紀夫, “マルチエージェント実時間リアクティブプランニングの提案と評価”, コンピュータソフトウェア,Vol. 15, No. 5, 1998.
  • 緒方 和博, 栗原 聡, 稲荷 幹夫, 土居 範久, “Multithread Smalltalk”, コンピュータソフトウェア, Vol. 11, No. 4, 1994.
  • 安松 一樹, 栗原 聡, 土居 範久, “あいまいなルートを持つジェネレーションスキャベンジング”,コンピュータソフトウェア, Vol. 10, No. 5, 1993.

国際会議

■■■2013年■■■

  • Junya Nakase, Koichi Moriyama, Kiyoshi Kiyokawa, Masayuki Numao, Mayumi Oyama, and Satoshi Kurihara, Effective awaking interaction learning system that uses vital sensing, IEEE Sensors Applications Symposium (SAS), 2013 (採択)

■■■2012年■■■

  • (Invited Talk) Satoshi Kurihara,Takashi Shirai,Fujio Toriumi, Takeshi Sakaki, Kosuke Shinoda,Kazuhiro Kazama,and Itsuki Noda, SIR-based Information Diffusion Model of False Rumor and its Diffusion Prevention Strategy for Twitter, International Workshop of Social Media and Simulation in Social Informatics, sponsored by Society of Socio-Informatics (At 4th World Congress on Social Simulation), cd-rom, pp.1-12, 2012.
  • Otani, Tadokoro, Satoshi Kurihara, and Masayuki Numao, Generation of Chord Progression Using Harmony Search Algorithm for a Constructive Adaptive User Interface, 12th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (PRICAI2012), pp.400-410, 2012.
  • Yamano, Rafael Cabredo, Paul Salvador Inventado, Roberto Legaspi, Koichi Moriyama, Ken-ichi Fukui, Satoshi Kurihara and Masayuki Numao. "Investigating the Relation between Brainwaves and Emotions in Music", Proc. Workshop on Computation: Theory and Practice (WCTP-2012), cd-rom, pp. 1-10, 2012.
  • Yu Yamano, Rafael Cabredo, Paul Salvador Inventado, Roberto Legaspi, Koichi Moriyama, Ken-ichi Fukui, Satoshi Kurihara and Masayuki Numao. "Estimating Emotions on Music Based on Brainwave Analyses", Proc. The 3rd International Workshop on Empathic Computing (IWEC-2012), cd-rom, pp.1-10, 2012.
  • Takashi Shirai, Yujiro Konaka, Junji Yano, Shigeki Nishimura, Koji Kagawa, Tetsuya Morita, Masayuki Numao and Satoshi Kurihara. “Multi-agent traffic light control framework based on direct and indirect coordination”, 7th International Workshop on Agents in Traffic and Transportation, cd-rom, pp1-9, 2012.
  • Junya Nakase, Koichi Moriyama, Kiyoshi Kiyokawa, Masayuki Numao, Mayumi Oyama, and Satoshi Kurihara. "Adaptive interactive device control by using reinforcement learning in ambient information environment", Proc. The 1st International Workshop on Ambient Information Technologies (AMBIT2012) (held in conjunction with IEEE VR 2012), Orange County, CA, pp. 24-27, 2012.
  • Hironori Shigeta, Junya Nakase, Yuta Tsunematsu, Kiyoshi Kiyokawa, Masahide Hatanaka, Kazufumi Hosoda, Masashi Okada, Yasunori Ishihara, Fukuhito Ooshita, Hirotsugu Kakugawa, Satoshi Kurihara, and Koichi Moriyama. "Implementation of a Smart Office System in an Ambient Environment", Proc. The 1st International Workshop on Ambient Information Technologies(AMBIT2012) (held in conjunction with IEEE VR 2012), Orange County, CA, pp. 28-29, 2012.
  • Kiyoshi Kiyokawa, Masahide Hatanaka, Kazufumi Hosoda, Masashi Okada, Hironori Shigeta, Yasunori Ishihara, Fukuhito Ooshita, Hirotsugu Kakugawa, Satoshi Kurihara, and Koichi Moriyama. "Owens Luis - A Context-aware Multi-modal Smart Office Chair in an Ambient Environment", Proc. The 1st International Workshop on Ambient Information Technologies (AMBIT2012) (held in conjunction with IEEE VR 2012), Orange County, CA, pp. 6-9, 2012.

■■■2011年■■■

  • Mitsuhiro Matsumoto, Shinichi Okano, Tetsuo Morita, Masayuki Numao and Satoshi Kurihara, “Method for Representing User.s Context on a PC.” International Workshop on Computation: Theory and Practice (WCTP-2011), only-oral, 2011.
  • Roberto Legaspi, Danaipat Sodkomkham, Kazuya Maruo, Kenichi Fukui, Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara and Masayuki Numao, “Time-Interval Clustering in Sequence Pattern Recognition as Tool for Behavior Modeling,” International Workshop on Computation: Theory and Practice (WCTP-2011), pp.174-186, 2011.
  • Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara, Masayuki Numao,“Evolving Subjective Utilities: Prisoner's Dilemma Game Examples”,The 10th International Conference on Autonomous Agents and Mutiagent Systems (AAMAS2011), pp.233-240, 2011.
  • Mitsuhiro Matsumoto, Shinichi Okano, Tetsuo Morita, Masayuki Numao, and Satoshi Kurihara, “Desktop Searches based on Context Visualization using File Operation Logs”, The Eleventh IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Applications (AIA 2011), pp.156-162, 2011.
  • Kazuya Maruo, Danaipat Sodkomkham, Ken-ichi Fukui, Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara, and Masayuki Numao, “Mining Frequent Sequences with Flexible Time Intervals”, The 1st International Workshop of Sensor Data Mining (IWSDM2011), pp.15-20, 2011.
  • Roberto Legaspi, Akinobu Ueda, Rafael Cabredo, Kenichi Fukui, Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara, and Masayuki Numao, “Exploring Melodic Motif To Support Affect-Based Music Compositional Intelligence”, The Second International Workshop on Empathic Computing at KSE2011, pp.219-225, 2011.

■■■2010年■■■

  • Yuta Watanabe, Satoshi Kurihara, and Toshiharu Sugawara, "Sensor Network Topology Estimation using Time-Series Data from infrared Human Presence Sensors", IEEE Sensors 2010, pp.664-667, 2010.
  • Simon E. Ortiz B, Koichi Moriyama, Ken-ichi Fukui, Satoshi Kurihara, and Masayuki Numao, "Three-Subagent Adapting Architecture for Fighting Videogames", PRICAI2010, pp.649-654, 2010.
  • (Invited Talk) Satoshi Kurihara, "New Relation between Human and The Real Environment based on Human Behavior Mining", The First International Workshop on Human Behavior Sensing (HBS2010), only-oral, 2010.
  • Toshiharu Sugawara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Satoshi Kurihara, "Effect of Probabilistic Task Allocation Based on Statistical Analysis of Bid Values", The 9th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS2010), pp.1603-1604, 2010.
  • Toshio Hirotsu, Shinnosuke Nishitani, Hirotake Abe, Kyoji Umemura, Kensuke Fukuda, Satoshi Kurihara, and Toshiharu Sugawara. "A Light-weight Autonomous Power Saving Method for Wireless Sensor Networks Addressing the Problems of Data-Centric Physiology-Affect Relations Modeling." Proc. 6th International Conference on Autonomic and Autonomous Systems, pp.188-193, 2010.
  • Roberto S. Legaspi, Ken-ichi Fukui, Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara, Masayuki Numao, Merlin Suarez: Addressing the problems of data-centric physiology-affect relations modeling. IUI2010, pp.21-30, 2010.
  • Toshio Hirotsu, Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Osamu Akashi, Hirotake Abe, Toshiharu Sugawara: Dynamic and distributed routing control for virtualized local area networks. LCN 2010, pp.212-215, 2010.

■■■2009年■■■

  • (Keynote Speach) Satoshi Kurihara, “Human Behavior Mining”, 1st OU-DLSU Workshop on Empathic Computing, De La Salle Univ., only oral, 2009.
  • Satoshi Kurihara, Hiroshi Tamaki, Masayuki Numao, Kouji Kagawa, Jyunji Yano, and Tetsuo Morita, "Traffic Congestion Forecasting based on Pheromone Communication Model for Intelligent Transport Systems", IEEE Congress on Evolutionary Computation, 2009.
  • Satoshi Kurihara, Hiroshi Tamaki, Masayuki Numao, Kouji Kagawa, Jyunji Yano, and Tetsuo Morita, "Traffic Congestion Forecasting based on Ant Model for Intelligent Transport Systems", The Third International Workshop on Emergent Intelligence in Networked Agents (WEIN09) (workshop at AAMAS2009), pp.2879-2884, 2009.
  • Shin-ya Sato, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Satoshi Kurihara and Toshiharu Sugawara, "Estimating relevance of items on basis of proximity of user groups on blogspace," Proceedings of the 2009 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI'09), pp.157-164, 2009.
  • Kensuke Takahashi, Satoshi Kurihara, Toshio Hirotsu, and Toshiharu Sugawara, "Estimation of Sensor Network Topology using Ant Colony Optimization," Proceedings of the 9th International Conference on Adaptive and Natural Computing Algorithms, pp.263-272, 2009.
  • Masayuki Numao, Takayuki Nishikawa, Toshihito Sugimoto, Satoshi Kurihara, and Roberto Legaspi. "Constructive Adaptive User Interfaces Based on Brain Waves." Proc. 13th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI2009) (Lecture Notes in Computer Science 5611), pp. 596-605, 2009.

■■■2008年■■■

  • Hiroshi Tamaki, Ken-ichi Fukui, Masayuki Numao, and Satoshi Kurihara, “Pheromone Approach to the Adaptive Discovery of Sensor-Network Topology”, 2008 IEEE/WIC/ACM International Conference on Intelligent Agent Technology, pp.41-47, 2008.
  • Shin-ya Sato, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Satoshi Kurihara, and Toshiharu Sugawara, "Co-occurrence Analysis Focused on Blogger Communities," Proceedings of the 2008 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence, pp.372-376, 2008.
  • Nagayoshi Yamashita, Koichi Moriyama, Masayuki Numao, and Satoshi Kurihara, "Web Page Classification Based on Structural Equivalence." Proc. of 5th International Conference on Information Technology and Applications (ICITA), cdrom, pp.1-6, 2008.
  • Toshiharu Sugawara, Toshio Hirotsu, Satoshi Kurihara and Kensuke Fukuda, "Controling Contract Net Protocol by Local Observation for Large-Scale Multi-Agent Systems," Cooperative Information Agents XII (Proceedings of 12th International Workshop on Cooperative Information Agents (CIA2008)) LNCS(LNAI) 5180, Springer-Verlag, pp. 206-220, 2008.
  • Satoshi Kurihara, “Human Behavior Mining using Sensing Network,” The First International Workshop on Content Creation Activity Support by Networked Sensing (CCASNS08), cdrom, 2008.
  • Ryozo Kiyohara, Mitsuhiro Matsumoto, Satoshi Mii, Naoki Shimizu, Masayuki Numao, and Satoshi Kurihara, “Context-Aware Middleware for Mobile Phone Based on Operational Logs,” IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE 08), pp.1-2, 2008.
  • Toshihito Sugimoto, Roberto Legaspi, Takayuki Nishikawa, Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara, and Masayuki Numao. "Brainwave Production Creates Music Automatically." 11th SANKEN and 6th Nanotechnology Center and 1st MSTEC International Symposium, only oral, 2008.
  • Hiroshi Tamaki, Ken-ichi Fukui, Masayuki Numao, and Satoshi Kurihara. "Obtaining the Topological Map of Sensor Network with Pheromone System." 11th SANKEN and 6th Nanotechnology Center and 1st MSTEC International Symposium, only oral, 2008.
  • Roberto Legaspi, Satoshi Kurihara, Ken-ichi Fukui, Koichi Moriyama, and Masayuki Numao, “An Empathy Learning Problem for HSI: To Be Empathic, Self-improving and Ambient,” International Conference on Human System Interaction (HSI), pp.209-214, 2008.
  • Roberto Legaspi, Satoshi Kurihara, Ken-ichi Fukui, Koichi Moriyama, and Masayuki Numao: Self-improving Empathy Learning, 5th International Conference on Information Technology and Applications (ICITA), cdrom, pp.1-6, 2008.
  • Mitsuhiro Matsumoto, Ryozo Kiyohara, Hidenori Fukui, Masayuki Numao, and Satoshi Kurihara , Proposition of The Context-Aware Interface for Cellular Phone Operations, Fifth International Conference on Networked Sensing Systems(INSS 2008), p.233, 2008.
  • Toshiharu Sugawara, Toshio Hirotsu, Satoshi Kurihara and Kensuke Fukuda, "Controling Contract Net Protocol by Local Observation for Large-Scale Multi-Agent Systems: 12th International Workshop on Cooperative Information Agents (CIA2008), pp.206-220, 2008.
  • Toshiharu Sugawara, Toshio Hirotsu, Satoshi Kurihara and Kensuke Fukuda: Adaptive Manager-side Control Policy in Contract Net Protocol for Massively Multi-Agent Systems, 6th International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS2008), pp.1433-1436, 2008.
  • Toshiharu Sugawara, Toshio Hirotsu, Satoshi Kurihara and Kensuke Fukuda: Effects of Fluctuation in Manager-side Controls on Contract Net Protocol in Massively Multi-agent Systems, IEEE SMC International Conference on Distributed Human-Machine Systems (DHMS2008), pp.152-157, 2008.

■■■2007年■■■


2007年

Roberto Legaspi, Yuya Hashimoto, Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara, and Masayuki Numao, Using Multiple-Part Learning and a Genetic Algorithm to Compose Emotion-Inducing Tunes, nternational Workshop on Artificial Intelligence and Music (Music-AI 2007, held in conjunction with the 20th International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI-07). Jan 2007. pp. 59-70.

Roberto Legaspi, Yuya Hashimoto, Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara, and Masayuki Numao, Music Compositional Intelligence with an Affective Flavor, ACM International Conference on Intelligent User Interfaces. Jan 2007. pp. 216-224.

Koichi Moriyama, Mitsuhiro Matsumoto, Ken-ichi Fukui, Satoshi Kurihara, and Masayuki Numao, Reinforcement Learning on a Futures Market Simulator, 1st KES Symposium on Agent and Multi-Agent Systems - Technologies and Applications (KES-AMSTA 2007). Wroclaw, Poland. May/Jun 2007. pp. 42-52.

Seiichi Honda, Ken-ichi Fukui, Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara, and Masayuki Numao, Extracting Human Behaviors with Infrared Sensor Network, 4th International Conference on Networked Sensing Systems (INSS 2007). Braunschweig, Germany. Jun 2007. pp. 122-125.

Hiroshi Tamaki, Ken-ichi Fukui, Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara, and Masayuki Numao, Automatic Acquisition of Sensor-Network Topology Based on Pheromone Communication Model, 4th International Conference on Networked Sensing Systems (INSS 2007). Braunschweig, Germany. Jun 2007. p. 292.

Hiroshi Tamaki, Ken-ichi Fukui, Masayuki Numao, and Satoshi Kurihara, Acquisition of Sensor-Network Topology Based on Multi-Agent Pheromonal Coordination, Workshop on Heterogeneous Agent Systems and Complex Networks (held in conjunction with ECCS2007). Dresden, Germany. Oct 2007.

Toshihito Sugimoto, Roberto Legaspi, Akihiro Ota, Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara, and Masayuki Numao, Modelling Affective-based Music Compositional Intelligence with the Aid of ANS Analyses, 27th SGAI International Conference on Artificial Intelligence (AI 2007). Cambridge, U.K. Dec 2007.

Toshiharu Sugawara, Satoshi Kurihara, Toshio Hirotsu, Kensuke Fukuda and Toshihiro Takada, "An Effective Selection of Abstract Plans for Multi-Agent Systems," Proccedings of the 27th Annual International Conference of the British Computer Society's Specialist Group on Artificial Intelligence (AI-2007), Cambridge, December 10-12, 2007.

Shin-ya Sato, Kensuke Fukuda Satoshi Kurihara, Toshio Hirotsu and Toshiharu Sugawara, "Generating extensional definitions of concepts from ostensive definitions by using Web," Proceedings of the 8th International Conference on Web Information Systems Engineering, December 3-7, Nancy, France, 2007.

Toshiharu Sugawara, Toshio Hirotsu, Satoshi Kurihara and Kensuke Fukuda, "Performance Variation Due to Interference Among a Large Number of Self-Interested Agents," Proceedings of IEEE Congress on Evolutionary Computation (IEEE CEC 2007), pp. 766-773, (oral presentation), Singapore, September 25-28, 2007.

Toshiharu Sugawara, Satoshi Kurihara, Toshio Hirotsu, Kensuke Fukuda and Toshihiro Takada, "Case-Based Approach to Selecting Abstract Plans in Multi-Agent Systems," Workshop Proceedings of the Seventh International Conference on Case-Based Reasoning (ICCBR'07) (be held as part of ICCBR 2007), ISBN 978-1-85923-222-4, pp. 69-78, Belfast, Northern Ireland, UK, August 13-16, 2007.

Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Shinya Sato and Toshiharu Sugawara, "Multi-agent Coordination Mechanism based on Indirect Interaction", Proceedings of the 2007 International Symposium on Frontiers in Networking with Applications (FINA 2007; All papers are invited; Held in conjunction with The IEEE 21st International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2007)), pp. 68-72, May 21-23, 2007.

Toshiharu Sugawara, Satoshi Kurihara, Toshio Hirotsu, Kensuke Fukuda, Toshihiro Takada, "Conflict Estimation of Abstract Plans for Multi-Agent Systems," Proceedings of 6th International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS2007), pp. 844-846, Honolulu, Hawaii, USA, May 14 - 18, 2007.

2006年

Toshiharu Sugawara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Shin-ya Sato and Satoshi Kurihara, "Adaptive Agent Selection in Large-Scale Multi-Agent Systems," Proceedings of the Ninth Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (PRICAI06), Springer LNCS 4099, pp. 818-822, August 7-11, Guilin, China, 2006.

Satoshi Kurihara, Seiichi Honda, Kenichi Fukui, Koichi Moriyama, Masayuki Numao, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Toshihiro Takada, Toshiharu Sugawara, "Getting Daily Human Habitual Behaviours from Infrared Sensor Network," Proceedings of the 3rd International Conference on Networked Sensing Systems (INSS2006), Poster/Demo session, Chicago, USA, May 31-June 2, 2006.

Toshiharu Sugawara, Satoshi Kurihara, Toshio Hirotsu, Kensuke Fukuda, Shinya Sato and Osamu Akashi, "Total Performance by Local Agent Selection Strategies in Multi-Agent Systems," Proceedings of 5th International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS2006), pp. 601-608, Future University - Hakodate, Japan, 8 - 12 May, 2006.

Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Shinya Sato and Toshiharu Sugawara, "How can agent know the global information without close coordination?," Proceedings of 5th International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS2006), pp. 682- 684, Future University - Hakodate, Japan, 8 - 12 May, 2006.

Osamu Akashi, Kensuke Fukuda, Satoshi Kurihara, Hirotsu Toshio and Toshiharu Sugawara, "Application of Massively Multi-agent System to Internet Routing Management," Proceedings of the Joint International Workshop on Massively Multi-agent Systems (MMAS2006) and Challenges in Large-Scale Coordination in Multi-Agent Systems (LSMAS2006) (held in conjunction with AAMAS2006), pp. 67 - 81, 2006.

2005年

Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Shinya Sato and Toshiharu Sugawara, "Effective Decision Making by Self-Evaluation in the Multi-Agent Environment," Proceedings of International Workshop on Internet and Network Economics (WINE2005), Springer LNCS, Hong Kong, December 15-17, 2005 (to appear).

Atsushi Terauchi, Osamu Akashi, Mitsuru Maruyama, Kensuke Fukuda, Toshiharu Sugawara Toshio Hirotsu and Satoshi Kurihara, "ARTISTE: Agent Organization Management System for Multi-agent Systems," Proceedings of Eighth Pacific Rim International Workshop on Multi-agents (PRIMA2005), Kuala Lumpur, September, 2005 (Accepted as a full paper, This paper is also selected to be included in the post-proceedings published as Springer's LNAI).

Toshiharu Sugawara, Satoshi Kurihara, Toshio Hirotsu, Kensuke Fukuda and Toshihiro Takada, "Predicting Possible Conflicts in Hierarchical planning for Multi-Agent Systems," Proceedings of 4th International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS2005), pp. 813-820, Utrecht University, The Netherlands, 25 - 29 July, 2005.

Kensuke Fukuda, Shin-ya Sato, Osamu Akashi, kazuhiro Kazama, Toshio Hirotsu, Satoshi Kurihara and Toshiharu Sugawara, "Efficiency and Fairness of Load Distribution on Scale-Free Property," AAAI2005 Workshop on Link Analysis (LinkAnalysis2005, held in conjunction with AAAI 2005), pp. 16-21, Pittsburgh, Pennsylvania, USA, 10 July, 2005.

Satoshi Kurihara, Shigemi Aoyagi, Toshihiro Takada, Toshio Hirotsu and Toshiharu Sugawara, "Agent-Based Human-Environment Interaction Framework for Ubiquitous Environment," Proceedings of 2nd International Workshop on Networked Sensing Systems (INSS2005), ISBN0-9743611-2-7, pp. 103-108, San Diego, California, USA, 27-28 June, 2005.

2004年

Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Shigemi Aoyagi, Toshihiro Takada, Toshiharu Sugawara, "Multi-Agent Human-Environment Interaction Framework for the Ubiquitous Environment," Proceedings of International Workshop on Massively Multi-Agent Systems (MMAS2004), pp. 165-178, Kyoto, Japan, December 10-11, 2004.

Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Osamu Akashi, Shinya Sato and Toshiharu Sugawara, "How collective intelligence emerge in complex environment?," Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology, LNCS Vol. 3141 (ISBN 3-540-23339-3), pp. 484-495, Springer, October 13, 2004. (This paper is selected from Proceedings of bio-ADIT 2004).

Toshiharu Sugawara, Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Shigemi Aoyagi and Toshihiro Takada, "Reusing Coordination and Negotiation Strategies in Multi-Agent Systems for Ubiquitous Network Environment," Proceedings of 3rd International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS2004), Vol. I, pp. 496 - 503, 2004.

Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Shigemi Aoyagi, Toshihiro Takada and Toshiharu Sugawara, "Multi-agent Framework for Human-Environment Interaction in Ubiquitous Environment," Proceedings of the Workshop on Agents for Ubiquitous Computing (UbiAgents2004) (held in conjunction with AAMAS2004), pp. 5 - 12, New York, July 20, 2004.

Toshiharu Sugawara, Satoshi Kurihara, Shigemi Aoyagi, Koji Sato and Toshihiro Takada, "An Implementation for Capturing Clickable Moving Objects," Proceedings of 6th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction (APCHI2004), LNCS 3101, Springer, pp. 441 - 450, Rotorua, New Zealand, June 29 - July 2, 2004.

Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Osamu Akashi and Toshiharu Sugawara, "How Collective Intelligence Emerge in the Standard Minority Game?," Proceedings of the 9th Workshop on Economics and Heterogeneous Interacting Agents (WEHIA2004), Kyoto University, Japan, May 27-29, 2004. (This paper is selected to be published in LNCS as the post proceedings)

2003年

Toshiharu Sugawara, Satoshi Kurihara, Osamu Akashi, Learning Implicit Resource Relationships from Past Plans in Multi-Agent Systems, AAMAS03(Second international joint conference on autonomous agents and multiagent systems), 2003.

Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Osamu Akashi, Shinya Sato, Toshiharu Sugawara: Simple but efficient collaboration in a complex competitive situation, AAMAS03(Second international joint conference on autonomous agents and multiagent systems), 2003.

Toshihiro Takada, Satoshi Kurihara, Toshiharu Sugawara, and Toshio Hirotsu: Proximity Mining: Finding Proximity using Sensor Data History, WMCSA03 (Fifth Workshop on Mobile Computing Systems and Applications), 2003.

Toshiharu Sugawara, Satoshi Kurihara, Osamu Akashi: Extraction of Implicit Resource Relationships in Multi-Agent Systems, Sixth Pacific Rim International Workshop on Multi-Agents (PRIMA 2003), 2003.

2002年

Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Shinya Sato, Osamu Akashi, and Toshiharu Sugawara: Importance of evolved structure for emerging self-organization in a complex competitive situation, Artificial Life VIII, The 8th International Conference on the Simulation and Synthesis of Living Systems, 2002. 

Satoshi Kurihara, Toshio Hirotsu, Toshihiro Takada, Osamu Akashi, and Toshiharu Sugawara: Finding similar web sites by using link information and user's access history, 20th IASTED International Conference, Applied Informatics (AI2002), 2002.

Satoshi Kurihara, Toshio Hirotsu, Toshihiro Takada, Osamu Akashi, and Toshiharu Sugawara: How to find similar web sites by using only link information, International Conference on Advances in Infrastructure for e-Business, e-Education, e- Science, and e-Medicine on the Internet, SSGRR−2002s, 2002.

Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Shinya Sato, Osamu Akashi, and Toshiharu Sugawara: Self-centered but cooperative behavior in a complex competitive situation, The 6th International Conference on Complex Systems (CS02), 2002. 

Toshiharu Sugawara, Osamu Akashi, and Satoshi Kurihara, Storing and Using Past Plans and Negotiation Results in Multiagent Systems, International Conference Artificial Intelligence and Applications ~ AIA 2002 ~ (IASTED), 2002.

2001年

Tatsuya Saito, Satoshi Kurihara and Kenji Kohiyama: Micro Archiving, Sketches and Applications of 28th International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques (SIGGRAPH2001), 2001.

Tatsuya Saito, Yuta Nakayama, Satoshi Kurihara, Scott S. Fisher and Kenji Kohiyama: Micro Archiving, Emerging Technologies of 28th International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques (SIGGRAPH2001), 2001.

Toshio Hirotsu, Toshihiro Takada, Satoshi Kurihara and Toshiharu Sugawara: ARESAIN --- Alternative Resource Access Information Navigator, 13th IASTED International Conference, Parallel and Distributed Computing and Systems (PDCS 2001), 2001.

Toshiharu Sugawara, Osamu Akashi and Satoshi Kurihara: Maintenance of Organizational Information in Dynamic Environments, PRIMA2001 (Fourth Pacific Rim International Workshop on Multi-agents), 2001.

2000年

Satoshi Kurihara, Toshio Hirotsu, Toshihiro Takada, and Toshiharu Sugawara: Mirror Site Navigator using Link Information, 6th World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics, 2000.

1998年

Toshiharu Sugawara, and Satoshi Kurihara: Learning Message-Related Coordination Control in Multiagent Systems, 4th Australian Workshop on Distributed Artificial Intelligence, DAI'98, Lecture Notes in Artificial Intelligence 1544, 1998.

Satoshi Kurihara and Toshiharu Sugawara: Multi-Agent Reinforcement Learning System Integrating Exploitation and Exploration-Oriented Learning, 4th Australian Workshop on Distributed Artificial Intelligence, DAI'98, Lecture Notes in Artificial Intelligence 1544, 1998.

1997年

Satoshi Kurihara and Rikio Onai: Self-Organization based on Coordinated Actions of Autonomous Agents, International Symposium on ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS: AROB'97, 1997.

Satoshi Kurihara, Shigemi Aoyagi, and Rikio Onai: Adaptive Selection of Reactive/Deliberate Planning for the Dynamic Environment, 8th European Workshop on Modelling Autonomous Agents in a Multi-Agent World, MAAMAW'97, Lecture Notes in Artificial Intelligence 1237, 1997.

1995年

Satoshi Kurihara, and Michio Okada: Self-Organization based on Coordinated Actions of Autonomous Agents, International Conference on Multi-Agent Systems: ICMAS'95, 1995.

Satoshi Kurihara, Michio Okada, and Ryohei Nakatsu: A Coordination between Autonomous Agents and The Real World, International Conference on Human-Computer Interaction: HCI'95, 1995.

1992年

Kazuhiro Ogata, Satoshi Kurihara, Mikio Inari, and Norihisa Doi: The Design and Implementation of HoME, ACM SIGPLAN'92, 1992.

1990年

Satoshi Kurihara, Mikio Inari, Norihisa Doi, Kazuki Yasumatsu, and Takemi Yamazaki, "SPiCE Collector: The Run-time Garbage Collector for Smalltalk-80 Programs Translated into C, "ECOOP/OOPSLA '90 Workshop on Garbage Collection in Object-Oriented Systems, 1990.

著書


■著書:

栗原 聡,福井健一 訳,Ajith Abraham, Crina Grosan, Vitorino Ramos (著), 「群知能とデータマイニング」,東京電機大学出版局,2012.

小檜山 賢二, 栗原 聡 共著, 社会基盤としての情報通信, 共立出版, 2000年.

栗原 聡、福田健介、佐藤進也 訳、ダンカン・ワッツ著「スモールワールド −ネットワークの構造とダイナミクス−」、東京電機大学出版局、2005.

Emergent Intelligence of Networked Agents, (Eds. A. Namatame, H. Nakashima, S. Kurihara), Studies in Computational Intelligence Series (ISSN: 1860-949X), Vol. 56 (ISBN: 978-3-540-71073-8), Springer, 2007.

■著書(章分担など):

(特集記事)栗原 聡,福田健介,菅原俊治:センサ情報からの系列パターンマイニング,特集:「系列パターンマイニングの最近の動向」,人工知能学会誌, Vol. 27, No. 2, pp. 112-119, 2012

(解説記事) 清川 清, 畠中 理央, 細田 一史, 岡田 雅司, 繁田 浩功, 石原 靖哲, 大下 福仁, 角川 裕次, 栗原 聡, 森山 甲一. "オーエンス・ルイス:アンビエント環境制御を用いた知的オフィスチェアの提案", システム制御情報学会 システム/制御/情報, 56 (1). pp. 14-20, 2012.

(特集記事)栗原 聡,“人工知能学会25周年特集:「四半世紀を越えて」”「研究会の動向から見る人工知能研究の25年」,Vol. 26, No. 6, pp. 572-578, 2011.

Satoshi Kurihara, Hiroshi Tamaki, Kenichi Fukui and Masayuki Numao, “Adaptive Sensor-Network Topology Estimating Algorithm Based on the Ant Colony Optimization”, in Ant Colony Optimization - Methods and Applications, pp. 101-112, ISBN: 978-953-307-157-2, Publisher: InTech?, Feb. 2011.

栗原 聡, “特集「編集委員今年の抱負2011:掘り出すデータマイニングから掘って創るデータマイニングに向けて」”,人工知能学会誌, p. 8, Vol. 26,No. 1, 2011.

(巻頭言)栗原 聡:特集「エージェント」,人工知能学会誌, pp. 102-103, Vol. 26, No. 1, 2011.

(巻頭言)秋山英三,佐藤進也,栗原 聡,特集「ネットワークが創発する知能」,コンピュータソフトウェア,p. 1, Vol. 28, No. 1, 2011.

(特集記事)石川 孝,澤井秀文,栗原 聡,複雑ネットワーク・シミュレーションにおける模倣から創造へ,コンピュータソフトウェア,pp. 21-25, Vol. 28, No. 1, 2011.

(特集記事)風間 一洋, 栗原 聡. "Web空間からの実世界情報の発掘", 情報処理 特集 センシングネットワーク, 51 (9), pp. 1171-1180, Sep. 2010.

(巻頭言)津本 周作,栗原 聡: 特集「研究会総覧」にあたって, 人工知能学会誌, Vol. 25 No. 4, p. 537, 2010.

(特集記事)栗原 聡,特集「研究会総覧」 知識ベースシステム研究会,人工知能学会誌, Vol. 25 No.4, pp. 541-542, 2010.

Toshiharu Sugawara, Satoshi Kurihara, Toshio Hirotsu, Kensuke Fukuda and Toshihiro Takada,"Effective Planning for Conflicting Situations for Ubiquitous Sensor Network Environments," in Autonomous Agents, IN-TECH Education and Publishing, 978-953-7619-X-X. 2010.

(巻頭言) 伊藤 実, 栗原 聡,情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM), 3(1), i - I (2010-01-26) , 1882-7780.

Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Shinya Sato and Toshiharu Sugawara, Indirect Coordination Mechanism of MAS, Multiagent Systems, Edited by: Salman Ahmed and Mohd Noh Karsiti, ISBN 978-3-902613-51-6, pp. 221-232, January 2009, Publisher: IN-TECH.

栗原 聡, 特集「ようこそ人工知能の世界へ:編集委員今年の初夢」, 人工知能学会誌, Vol. 24 No. 1, 2009.

(巻頭言)西村 拓一, 栗原 聡: 特集「センシングネットワーク:要素技術編」にあたって, 人工知能学会誌, Vol. 23 No. 5, p. 589, 2008.

(解説記事)栗原 聡: センシングネットワークと人間行動マイニング, 人工知能学会誌, Vol. 23 No. 5, pp. 611-616, 2008.

(巻頭言)中島 秀之, 栗原 聡: 特集「繋がりの科学」にあたって, 人工知能学会誌, Vol. 23 No. 5, p. 629, 2008.

(巻頭言)栗原 聡, 特集「ネットワークが創発する知能」の編集にあたって, コンピュータソフトウェア. Vol. 24, No. 1, pp. 1-2, 2007.

(特集記事)石川 孝, 栗原 聡,ネットワークが創発する知能:第1回ワークショップをふりかえる, コンピュータソフトウェア, Vol. 24, No. 1, pp. 24-39, 2007.

栗原 聡, 特集「ようこそ人工知能の世界へ:編集委員今年の初夢」, 人工知能学会誌, Vol. 22 No. 1, 2007.

Toshiharu Sugawara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Shin-ya Sato and Satoshi Kurihara, "Improvements in Performance of Large-Scale Multi-Agent Systems Based on the Adaptive/Non-Adaptive Agent Selection," In Emergent Intelligence of Networked Agents, (Eds. A. Namatame, H. Nakashima, S. Kurihara), Studies in Computational Intelligence Series (ISSN: 1860-949X), Vol. 56 (ISBN: 978-3-540-71073-8), pp. 217-230, Springer, July 3, 2007.

Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Satoshi Kurihara, Shin-ya Sato, Osamu Akashi, Toshiharu Sugawara, "The Impact of Network Model on Performance of Load-balancing," In Emergent Intelligence of Networked Agents, (Eds. A. Namatame, H. Nakashima, S. Kurihara), Studies in Computational Intelligence Series (ISSN: 1860-949X), Vol. 56 (ISBN: 978-3-540-71073-8), pp. 23-37, Springer, July 3, 2007.

栗原 聡,センサーネットワークによる能動的な環境の実現に向けて,生産と技術,pp. 43 – 46, 2006.

Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Osamu Akashi and Toshiharu Sugawara, "How Collective Intelligence Emerge in the Standard Minority Game?," in The Complex Networks of Economic Interactions Essays in Agent-Based Economics and Econophysics, Lecture Notes in Economics and Mathematical Systems, Vol. 567 (Eds. by Akira Namatame, Taisei Kaizouji, Yuuji Aruka), pp. 279- 289, Springer, ISBN:3-540-28726-4, 2006).

(特集記事)栗原 聡: ネットワークが創発する知能,人工知能学会誌,特集 「ようこそ人工知能の世界へ:編集委員今年の初夢」,Vol. 20, No. 3, 2005.

(特集巻頭言)栗原 聡, 林 幸雄: ネットワークが創発する知能,人工知能学会誌,特集「ネットワークが創発する知能」,Vol. 20, No. 3, 2005.

(用語解説)栗原 聡,スケールフリーネットワーク,知能と情報,Vol. 17, No. 2, 2005.

Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Shigemi Aoyagi, Toshihiro Takada, Toshiharu Sugawara, "Multi-Agent Human-Environment Interaction Framework for the Ubiquitous Environment," Massively Multi-Agent Systems I, LNCS 3446, pp. 217-223, Springer, 2005. (This paper is the revised version of the paper selected from Proceedings of MMAS2004).

(解説記事)栗原 聡,Minority Gameの不思議,情報処理学会誌,Vol. 45, No. 4, 2004.

Satoshi Kurihara, Kensuke Fukuda, Toshio Hirotsu, Osamu Akashi, Shinya Sato and Toshiharu Sugawara, "How collective intelligence emerge in complex environment?," Biologically Inspired Approaches to Advanced Information Technology, LNCS Vol. 3141 (ISBN 3-540-23339-3), pp. 484-495, Springer, October 13, 2004. (This paper is selected from Proceedings of bio-ADIT 2004).

(特集記事) 福田 健介,栗原 聡:“ネットワーク”の科学,人工知能学会誌,Vol. 18, No. 6, 2003.

栗原 聡, 斎藤 達也, 小檜山 賢二:実画像からの高精細3次元画像モデル作成法, レクチャーノート24「インタラクティブシステ ムとソフトウェアVIII」, 近代科学社,2000.

Satoshi Kurihara and Toshiharu Sugawara: Multi-Agent Reinforcement Learning System Integrating Exploitation and Exploration-Oriented Learning, 4th Australian Workshop on Distributed Artificial Intelligence, DAI'98, Lecture Notes in Artificial Intelligence 1544, (LNAI), 1998.

Toshiharu Sugawara, and Satoshi Kurihara: Learning Message-Related Coordination Control in Multiagent Systems, 4th Australian Workshop on Distributed Artificial Intelligence, DAI'98, Lecture Notes in Artificial Intelligence 1544, (LNAI), 1998.

Satoshi Kurihara, Shigemi Aoyagi, and Rikio Onai: Adaptive Selection of Reactive/Deliberate Planning for the Dynamic Environment, 8th European Workshop on Modelling Autonomous Agents in a Multi-Agent World, MAAMAW'97, Lecture Notes in Artificial Intelligence 1237, (LNAI), 1997.

栗原 聡, 青柳 滋己, 尾内 理紀夫:実世界指向インタラクティブシステム構築のための協調アー キテクチャ, レクチャー ノート16「インタラクティブシステムとソフトウェアIV」, 近代科学社,1996.

青柳 滋己, 栗原 聡, 廣津 登志夫, 尾内 理紀夫:インタラクティブシステムにおける音認識と画像認識の協調効果, レクチャー ノート16「インタラクティブシステムとソフトウェアIV」, 近代科学社,1996.

栗原 聡, 岡田 美智男:自律エージェントの協調動作による自己組織化について, レクチャー ノート13 「マルチエージェントと協調計算IV」, 近代科学社,1994.

特許


栗原 聡、玉置 洋、香川浩司、矢野純史、鷲見公一:特願2009―34292号、交通情報推定システム、推定方法、提供システムおよびコンピュータプログラム、平成21年2月17日出願.

栗原 聡,福井秀徳:特願2008−040558号,電子ファイルを対象とする情報遷移抽出・可視化装置およびそのプログラムならびにそれを記録した情報記録媒体,平成20年2月21日出願.

栗原 聡,本田誠一:特願2007−311697,マルチエージェントシステム,プログラム,コンピュータ読み取り可能な記録媒体,平成19年11月30日出願.

栗原 聡, 廣津 登志夫,高田 敏弘,明石 修,菅原 俊治:特許第3678985号,ウェブページ間の類似度自動推定方法,装置及びそのプログラムを記録した媒体, 発効日:平成17年8月3日.

栗原 聡:特願平7-307455, 実時間行動決定システム, 平成7年11月27日出願.

栗原 聡:特願平8-160357, 知能ロボット用実時間行動決定システムおよび方法, 平成8年6月21日出願.

栗原 聡:特願平9-346743, 行動選択ネットワークを用いた経験強化型強化学習法および経験強化型強化学習プログラムを記録した記録媒体, 平成9年12月16日出願.

菅原 俊治, 栗原 聡:特願平10-192100, マルチエージェントシステムにおけるメッセージの重要さの学習方法, 平成10年7月7日出願.

栗原 聡:特願平10-192101, マルチエージェントモデルを用いて経験強化型強化学習法と環境同定型強化学習法を統合する分散強化学習法, 平成10年7月7日出願.

栗原 聡, 菅原 俊治, 山崎憲一, 高田 敏弘, 青柳 滋己, 佐藤 孝治, 廣津 登志夫:特願平11-108498,トラックボール利用ポインティング方法及びトラックボール型ポインティングデバイス, 平成11年4月15日出願.

栗原 聡, 廣津 登志夫,高田 敏弘,明石 修,菅原 俊治:特願平2000-256031,ウェブページ間の類似度自動推定方法,装置及びそのプログラムを記録した媒体, 平成12年8月25日出願.

栗原 聡, 菅原 俊治, 高田敏弘, 青柳 滋己, 佐藤 孝治:特願平2001-368083,モーションキャプチャ方法及び装置, 平成13年12月3日出願.

査読付き会議


白井嵩士,小中裕次郎,矢野純史,西村茂樹,香川浩司,森田哲郎,沼尾正行,栗原 聡:マルチエージェント信号機制御モデルの提案,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011 (JAWS2011), 2011.

森山 甲一,栗原 聡,沼尾 正行: 囚人のジレンマゲームにおける主観的効用の進化にパラメータが与える影響について, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011 (JAWS2011), 2011.

松本光弘,森田哲郎,岡野真一,沼尾正行,栗原 聡: ファイル操作履歴からのコンテキスト可視化法の提案,日本ソフトウェア科学会 ネットワークが創発する知能研究会JWEIN10,2010.

栗原 聡, 玉置 洋, 佐藤和宏, 長岡 諒, 矢野純史, 香川浩司,森田哲郎,沼尾正行: マルチエージェントによる次世代交通制御システムの構築, 日本ソフトウェア科学会 ネットワークが創発する知能研究会JWEIN08 & 情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会MPSシンポジウム, 2008.

佐藤和宏,市瀬龍太郎,栗原 聡,沼尾正行,: 共同研究の関係を用いた研究領域の時系列解析, 日本ソフトウェア科学会 ネットワークが創発する知能研究会JWEIN08 & 情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会MPSシンポジウム. 2008.

山下 長義, 沼尾 正行, 栗原 聡, 構造同値に基づいたリンク解析におけるWeb ページの内容とリンク構造の類似度との関連性の評価, 日本ソフトウェア科学会 ネットワークが創発する知能研究会 JWEIN07 & 情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会 第13回MPSシンポジウム,2007.

福井 秀徳, 山下 長義, 福井 健一, 沼尾 正行, 栗原 聡, パーソナルデータのネットワーク分析とデスクトップ検索への適用, 日本ソフトウェア科学会 ネットワークが創発する知能研究会 JWEIN07 & 情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会 第13回MPSシンポジウム. Aug 2007.

菅原俊治, 福田健介, 廣津登志夫, 栗原 聡, "大規模自律エージェントシ ステムにおける契約ネットプロトコルの効率特性," 情報科学技術レターズ (Information Technology Letters), Vol. 6, pp. 165-168, 電子情報通信学会/情報処理学会, 2007.

山下 長義, 沼尾 正行, 栗原 聡, 構造同値に基づくリンク解析を用いたWeb文書からのキーワード抽出, 情報科学技術レターズ. Vol. 6. Sep 2007. pp. 145-148.

玉置 洋, 福井 健一, 沼尾 正行, 栗原 聡, フェロモンを介したエージェント協調モデルによるセンサー隣接関係構築法の提案, 情報科学技術レターズ. Vol. 6. Sep 2007. pp. 153-156.

菅原俊治,佐藤進也, 福田健介,廣津登志夫,栗原 聡,最適エージェント選択戦略による系の実行効率と構造について,ネットワークが創発する知能研究会ワークショップWEIN2005,2005.       

福田健介, 佐藤進也, 明石修, 廣津登志夫, 栗原 聡, 菅原俊治,次数の利用はネットワーク性能の改善につながるのか?, ネットワークが創発する知能研究ワークショップWEIN2005, 2005.

栗原 聡、福田健介、廣津登志夫、明石修、佐藤進也、菅原俊治, "集合知 における行動制約と間接的協調による全体的秩序生成過程," 情報科 学技術レターズ(Information Technology Letters), Vol.2, pp. 117 - 119, 電子情報通信学会/情報処理学会, 2003.

栗原 聡,齋藤 達也,森田 正彦,小檜山 賢二:小物体を対象とする超高精細3次元スキャニング法の提案および装置の開発,情報科 学技術レターズ (Information Technology Letters), Vol.2, pp. 741- 742, 電子情報通信学会/情報処理学会, 2003.

高田 敏弘、青柳 滋己、栗原 聡、光来 健一、清水 奨、廣津 登志夫、福田 健介、菅原 俊治 :Proximity Mining: センサデータ履歴からの近接性の発見,プログラミングおよびその応用に関するワークショップSPA2003,2003.

廣津 登志夫,高田 敏弘,栗原 聡,菅原 俊治: 転送履歴を利用したURL Resolverにおける最適経路選択,WIT'98,1998.

青柳 滋己, 栗原 聡, 廣津 登志夫, 尾内 理紀夫:インタラクティブシステムにおける音認識と画像認識の協調効果, インタラクティブシステムとソフトウェアワークショップ: WISS'96, 1996.

栗原 聡, 斎藤 達也, 小檜山 賢二:実画像からの高精細3次元画像モデル作成法, インタラクティブシステムとソフトウェアワークショップ: WISS2000, 2000.

栗原 聡, 廣津 登志夫, 高田 敏弘, 菅原 俊治:リンク情報によるWebページ間の類似度推定, インターネットテクノロジワークショップ: WIT2000, 2000.

栗原 聡, 廣津 登志夫, 高田 敏弘, 菅原 俊治:リンク情報に基づくミラーサイト検出アルゴリズムの検証, インターネットテクノロジワークショップ: WIT'99, 1999.

栗原 聡, 廣津 登志夫, 高田 敏弘, 菅原 俊治:URL Resolverにおける柔軟な経路選択メカニズム, マルチエージェントと協調計算ワークショップ: MACC'98, 1998.

栗原 聡, 菅原 俊治:学習型行動選択ネットワークの提案, マルチエージェントと協調計算ワークショップ: MACC'97, 1997.

青柳 滋己, 栗原 聡, 廣津 登志夫, 尾内 理紀夫:インタラクティブシステムにおける音認識と画像認識の協調効果, インタラクティブシステムとソフトウェアワークショップ: WISS'96, 1996.

栗原 聡, 青柳 滋己, 尾内 理紀夫:実世界指向インタラクティブシステム構築のための協調アーキテクチャ, インタラクティブシステムとソフトウェアワークショップ: WISS'96, 1996.

栗原 聡:マルチエージェントリアルタイム・リアクティブ・プランニング, マルチエージェントと協調計算ワークショップ: MACC'95,1995.

栗原 聡, 岡田 美智男:自律エージェントの協調動作による自己組織化について, マルチエージェントと協調計算ワークショップ:MACC'94, 1994.

大会・研究会


松本 光弘, 清原 良三, 沼尾 正行, 栗原 聡. "携帯端末におけるコンテキスト依存アプリケーションの抽出とアプリケーション推薦法の提案", 第165回 情報処理学会 知能システム研究会 (SIG-ICS), pp. 1-6, Jan. 2012.

白井 嵩士, 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 篠田 孝祐, 風間 一洋, 野田 五十樹, 沼尾 正行, 栗原 聡. "Twitterネットワークにおけるデマ拡散とデマ拡散防止モデルの推定", 人工知能学会 第2回データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会, Mar. 2012.

小中 裕次郎, 沼尾 正行, 栗原 聡. "物流拠点における作業効率向上のための倉庫マネジメントアルゴリズムの考案", 人工知能学会 第2回データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会, Mar. 2012.

松本 光弘, 清原 良三, 沼尾 正行, 栗原 聡. "ユーザコンテキストに合わせた携帯端末アプリケーション推薦手法の提案", 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 技術報告, vol. 111, 474, pp. 19-24, Mar. 2012.

栗原 聡,白井 嵩士, 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 篠田 孝祐, 風間 一洋, 野田 五十樹, 沼尾 正行,Twitterネットワークにおけるデマの拡散と防止のSIRモデルによる推定,第8回ネットワーク生態系研究会,2012.

白井 嵩士, 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 篠田 考祐, 風間 一洋, 野田 五十樹, 沼尾 正行, 栗原 聡. "Twitterにおけるデマツイートの拡散モデルの構築とデマ拡散防止モデルの推定", 人工知能学会全国大会(第26回), 2012.

大谷 紀子, 田所 克敏, 栗原 聡, 沼尾 正行. "ハーモニーサーチに基づくユーザの感性を反映した楽曲生成", 人工知能学会全国大会(第26回), 2012.

山野 悠, Inventado Paul, Cabredo Rafael, Roberto Legaspi, 福井 健一, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行. "脳波の解析に基づく音楽に対する感性推定器", 人工知能学会全国大会(第26回),2012.

小中 裕次郎, 沼尾 正行, 栗原 聡. "ピッキング作業効率を考えたストアリングルールの提案", 人工知能学会全国大会(第26回),2012.

風間 一洋, 鳥海 不二夫, 榊 剛史, 篠田 考祐, 栗原 聡, 野田 五十樹. "東日本大震災時のTwitterデータを用いた単語間の関係の時系列変化の分析", 人工知能学会全国大会(第26回), 2012.

榊 剛史, 鳥海 不二夫, 篠田 考祐, 風間 一洋, 栗原 聡, 野田 五十樹, 松尾 豊. "ソーシャルメディアを用いた災害検知及び被災地推定手法の提案", 人工知能学会全国大会(第26回),2012.

鳥海 不二夫, 篠田 考祐, 榊 剛史, 栗原 聡, 風間 一洋, 野田 五十樹. "異種協調型災害情報支援システム実現に向けた基盤技術の構築", 人工知能学会全国大会(第26回),2012.

中瀬 絢哉 森山 甲一 清川 清 沼尾 正行 栗原 聡, アンビエント環境における経験型強化学習を用いたインタラクティブデバイスの制御, 2011年度人工知能学会全国大会(第25回),2011.

上田 明頌 西川 敬之 福井 健一 森山 甲一 栗原 聡 沼尾 正行, メロディモチーフを含む楽曲構造を考慮した自動作曲システム, 2011年度人工知能学会全国大会(第25回),2011.

巌 康平 福井 健一 森山 甲一 沼尾 正行 栗原 聡, 携帯電話の利用傾向に基づくアプリケーション推薦法の提案, 2011年度人工知能学会全国大会(第25回),2011.

白井 嵩士 小中 裕次郎 矢野 純史 西村 茂樹 香川 浩司 森田 哲郎 沼尾 正行 栗原 聡, マルチエージェントモデルによる分散型リアルタイム信号機制御システム2011年度人工知能学会全国大会(第25回),2011.

丸尾 和也, 福井 健一, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行. "時系列シーケンスからの時間間隔情報を含んだ頻出シーケンスの抽出", 人工知能学会 第91回 知識ベースシステム研究会(SIG-KBS) 研究会資料, pp. 19-24, Jan. 2011.

二宮 亜佐美, 福井 健一, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行. "ブログ記事における地理情報に関するキーワードと画像の類推", 人工知能学会 第91回 知識ベースシステム研究会(SIG-KBS) 研究会資料, pp. 24-30, Jan. 2011.

松本 光弘, 岡野 真一, 森田 哲郎, 沼尾 正行, 栗原 聡. "PCにおけるタスク想起のためのファイル操作履歴可視化法の提案と評価", 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会 信学技報, vol. 110, 462, pp. 21-26, Mar. 2011.

白井 嵩士, 矢野 純史, 香川 浩司, 森田 哲郎, 沼尾 正行, 栗原 聡, "マルチエージェントシステムを用いた信号機オフセット制御方法の構築", 人工知能学会全国大会(第24回),June, 2010.

小中 裕次郎, 矢野 純史, 香川 浩司, 森田 哲郎, 沼尾 正行, 栗原 聡, "バネモデルによる信号機スプリット値分散制御法の構築", 人工知能学会全国大会(第24回),June, 2010.

北川 哲平, 福井 健一, 佐藤 一永, 水崎 純一郎, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行, "キーグラフとSOMを用いた燃料電池の損傷共起分析", 人工知能学会全国大会(第24回),June, 2010.

栗原 聡, 巌 康平, 森山 甲一, 沼尾 正行. "共有メモリ型マルチエージェントプランニングにおけるプランニングエージェント間の格差の解消." 電子情報通信学会2010総合大会講演論文集 情報・システム(1). pp. S29-S30 (DS-2-7). Mar. 2010.

松本 光弘, 二宮 亜佐美, 長岡 諒, 栗原 聡, 沼尾 正行. "WWW上の文章に含まれるイベント情報からの地名の同定." 人工知能学会 第88回知識ベースシステム研究会 (SIG-KBS). Mar. 2010.

Simon E. Ortiz B., Koichi Moriyama, Ken-ichi Fukui, Satoshi Kurihara, Masayuki Numao. "An Interesting Opponent for Fighting Videogames." 情報処理学会 第23回ゲーム情報学研究会 研究報告. vol. 2010-GI-23. 4, pp. 1-8. Mar. 2010.

赤崎 省悟, 福井 健一, 佐藤 一永, 水崎 純一郎, 栗原 聡, 沼尾 正行. "燃料電池における損傷パターン抽出." 情報処理学会 第77回数理モデル化と問題解決研究会 研究報告. vol. 2010-MPS-77. 17, pp. 1-6. Mar. 2010.

福井 健一, 赤崎 省悟, 佐藤 一永, 水崎 純一郎, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行. "カーネルSOMによる損傷評価のための隣接性を考慮した分類性能評価." 情報処理学会 第75回数理モデル化と問題解決研究会研究報告. vol. 2009-MPS-75. 22, Sep. 2009.

赤崎 省悟, 福井 健一, 佐藤 一永, 水崎 純一郎, 栗原 聡, 沼尾 正行. "SOFCの損傷評価のためのAE事象パターン抽出." 電気化学会 第18回SOFC研究発表会講演要旨集. pp. 156-159. Dec. 2009.

Simon E. Ortiz B., Koichi Moriyama, Mitsuhiro Matsumoto, Ken-ichi Fukui, Satoshi Kurihara, Masayuki Numao. "Road to an Interesting Opponent: An Angent that Predicts the Users Combination Attacks in a Fighting Videogame." HAI シンポジウム2009. Dec. 2009.

大谷 紀子 西川 敬之 栗原 聡 沼尾 正行: 楽曲生成への共生進化の適用に関する検討, 人工知能学会全国大会(第23回), 2009.

巌 康平 森山 甲一 沼尾 正行 栗原 聡: 多ゴールが非同期に発生する環境下における実時間リアクティブプランニング法の提案と評価, 人工知能学会全国大会(第23回), 2009.

長岡 諒 松本 光弘 沼尾 正行 栗原 聡: Webにおける実世界の 位置情報類推に関する研究, 人工知能学会全国大会(第23回), 2009.

西川 敬之 大谷 紀子 福井 健一 森山 甲一 栗原 聡 沼尾 正行: 楽曲の部分構造と全体構造を考慮した自動作曲システム, 人工知能学会全国大会(第23回), 2009.

上田 明頌 西川 敬之 福井 健一 森山 甲一 栗原 聡 沼尾 正行: リズムを含めた楽曲構造を考慮した自動作曲システム, 人工知能学会全国大会(第23回), 2009.

杉本 知仁 福井 健一 森山 甲一 栗原 聡 沼尾 正行: 脳波解析に基づく曲中の感情変化を予測する楽曲推薦システム, 人工知能学会全国大会(第23回), 2009.

玉置 洋, 矢野 純史, 香川 浩司, 森田 哲郎, 沼尾 正行, 栗原 聡: 複数の交通情報を効率的に利用する最適な交通情報提供手法の構築, 人工知能学会全国大会(第23回), 2009.

松本 光弘, 清原 良三, 沼尾 正行, 栗原 聡: 携帯電話におけるユーザの操作パターンを用いたアプリケーション推薦方式の提案, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム, 2009.

栗原 聡、沼尾 正行、福田 健介、廣津 登志夫、、高田 敏弘、光来 健一、梅村 恭司、菅原 俊治: インターユビキタスネットワーク情報基盤のための人間行動マイニング、電子情報通信学会2009年総合大会, 2009.

西谷信之介、廣津登志夫、福田健介、菅原俊治、栗原聡、省電力環境監視基盤のための追従型サンプリング、電子情報通信学会2009年総合大会, 2009.

栗原 聡、巌康平、森山 甲一、沼尾 正行、ユビキタス環境下における非同期多目的達成のための実時間リアクティブプランニング法の提案、電子情報通信学会2009年総合大会, 2009.

森下達夫, 廣津登志夫, 福田健介, 菅原俊治, 栗原聡, "ユビキタスプロトコルアナライザの設計と実装," マルチメディア・分散・協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2008), 2008.

森下達夫, 廣津登志夫, 福田健介, 菅原俊治, 栗原聡, "ユビキタスコーパス作成支援環境の実装と評価," 情報学ワークショップ(WiNF 2008), 2008.

西谷信之介,廣津登志夫,福田健介,菅原俊治,栗原聡,”環境の変動に自動追従する省電力情報収集基盤,” マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSワークショップ2008), 2008.

福井 秀徳, 森田 哲郎, 岡野 真一, 沼尾 正行, 栗原 聡: ファイルネットワークに基づいた情報の抽出と可視化, , 人工知能学会全国大会(第22回), 2008.

山下 長義, 森山 甲一, 沼尾 正行, 栗原 聡: リンク構造に基づいたWWWからのトピック抽出, 情報処理学会 第69回数理モデル化と問題解決研究会. pp. 9-14, 2008. (プレゼンテーション賞)

杉本 知仁, 太田 晶大, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行: 自動作曲システムにおける協調フィルタリングを用いた楽曲評価予測, 人工知能学会全国大会(第22回), 2008.

安場 直史, 長岡 諒, 矢野 純史, 香川 浩司, 森田 哲郎, 沼尾 正行, 栗原 聡: ナビゲーションシステムにおける熟考性と即応性を兼ね備えたルート探索手法, 人工知能学会全国大会(第22回), 2008.

松本 光弘, 清原 良三, 福井 秀徳, 沼尾 正行, 栗原 聡: ユーザのコンテキストから携帯電話の操作を予測するシステムの構築と評価, 人工知能学会全国大会(第22回), 2008.

本田 誠一, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行: 多ゴールが非同期に発生する環境下における実時間リアクティブプランニング法の研究, 人工知能学会全国大会(第22回), 2008.

レガスピ ロベルト, 福井 健一, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行: Positing A Growth-Centric Learning of Empathy Models in HIS, 人工知能学会全国大会(第22回), 2008.

福井秀徳,森田哲郎,岡野真一,沼尾正行,栗原 聡,マルチユーザに対応したファイルネットワークの構築と時系列インターフェースへの適用,情報処理学会「知能と複雑系研究会」,2008年3月.

山下長義,森山甲一,沼尾正行,栗原 聡,構造同値に基づくWeb ページの分類,情報処理学会「知能と複雑系研究会」,2008年3月.

三井 聡, 清原 良三, 栗原 聡, 沼尾 正行,携帯端末UIの操作性向上方式の提案, 電子情報通信学会 2007年総合大会講演論文集. Mar 2007.

玉置 洋, 福井 健一, 沼尾 正行, 栗原 聡,Ant Colony Optimizationによるセンサー隣接関係抽出法の提案, 人工知能学会 第77回知識ベースシステム研究会資料. Mar 2007. pp. 21-28.

清原 良三, 三井 聡, 松本 光弘, 沼尾 正行, 栗原 聡,携帯電話における操作複雑性とコンテキストに応じた操作機能推薦方式, 人工知能学会全国大会(第21回)論文集 CD-ROM. Jun 2007.

玉置 洋, 福井 健一, 森山 甲一, 沼尾 正行, 栗原 聡,フェロモンコミュニケーションモデルに基づくセンサー隣接関係の自動取得, 人工知能学会全国大会(第21回)論文集 CD-ROM. Jun 2007.

松本 光弘, 清原 良三, 福井 秀徳, 沼尾 正行, 栗原 聡,携帯端末による人物行動履歴の分析に関する一考察, 人工知能学会全国大会(第21回)論文集 CD-ROM. Jun 2007.

杉本 知仁, 太田 晶大, 福井 健一, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行,脳波の解析に基づく個人感性獲得による自動作曲, 人工知能学会全国大会(第21回)論文集 CD-ROM. Jun 2007.

西川 敬之, 福井 健一, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行,Multiple-part学習による個人感性獲得機構, 人工知能学会全国大会(第21回)論文集 CD-ROM. Jun 2007.

清原 良三, 三井 聡, 松本 光弘, 沼尾 正行, 栗原 聡,携帯端末のコンテキスト情報利用による操作性向上方式, マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2007) シンポジウム. Jul 2007.

携帯端末の時空間的利用情報からの特徴的行動パターンの抽出と予測." 松本 光弘, 清原 良三, 福井 秀徳, 沼尾 正行, 栗原 聡. 第6回情報科学技術フォーラム(FIT2007)講演論文集. Sep 2007. pp. 391-394.

山下 長義, 沼尾 正行, 栗原 聡,構造同値に基づいたリンク解析によるWebページの分類, 人工知能学会 第79回知識ベースシステム研究会資料 (SIG-KBS-A702). Dec 2007. pp. 1-6.

福井 秀徳, 山下 長義, 福井 健一, 沼尾 正行, 栗原 聡,デスクトップ検索における時間軸インターフェース構築のためのファイル相関性抽出,人工知能学会 第79回知識ベースシステム研究会資料 (SIG-KBS-A702). Dec 2007. pp. 13-18.

本田 誠一, 森山 甲一, 沼尾 正行, 栗原 聡,リスク回避インタラクションのためのプランニング, 人工知能学会 第79回知識ベースシステム研究会資料 (SIG-KBS-A702). Dec 2007. pp. 49-54.

Roberto Legaspi, Kenichi Fukui, Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara, Masayuki Numao,An Architectural Framework for an Ambient Empathic Support,人工知能学会 第79回知識ベースシステム研究会資料 (SIG-KBS-A702). Dec 2007. pp. 75-80.

松本 光弘, 清原 良三, 福井 秀徳, 沼尾 正行, 栗原 聡,携帯電話におけるコンテキスト情報を用いたユーザの操作予測, 人工知能学会 第79回知識ベースシステム研究会資料 (SIG-KBS-A702). Dec 2007. pp. 87-92.

栗原 聡,福田 健介,佐藤 進也,菅原 俊治, マルチエージェント協調に対するネットワーク構造の重要性, ネットワーク生態学2006サマースクール, 2006.

山下長義, 福井健一, 森山甲一, 栗原聡, 沼尾正行,"CONCORによるリンク解析を反映したWeb文書の要約",情報科学技術フォーラム講演論文集(FIT2006), 2006.

山下長義, 福井健一, 森山甲一, 栗原聡, 沼尾正行,"ブロックモデルによるリンク解析を用いたWeb文書からの重要語抽出",情報処理学会 知能と複雑系研究会,2006.

松本 光弘, 福井 健一, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行, "U-MartにおけるQ学習エージェントの設計と評価.". 人工知能学会全国大会(第20回)論文集 CD-ROM. 2006.

安場 直史, 福井 健一, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行, "動体検知情報の階層的クラスタリングによる人物行動解析.". 人工知能学会全国大会(第20回)論文集 CD-ROM. 2006.

本田 誠一, 福井健一, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行, "赤外線センサーネットワークによる人物追跡.". 人工知能学会全国大会(第20回)論文集 CD-ROM. 2006.

山下 長義, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行, "ブロックモデルによるリンク解析を用いた複数文書の要約.". 人工知能学会全国大会(第20回)論文集 CD-ROM. 2006.

橋本 雄弥, 福井 健一, 森山 甲一, 栗原 聡, 沼尾 正行, "楽曲構造における個人感性獲得機構." 人工知能学会全国大会(第20回)論文集 CD-ROM. 2006.

栗原 聡,ネットワーク技術とネットワークセンシング,計測自動制御学会計測部門大会「第22回センシングフォーラム」,2005.

中村和志,福井健一,森山甲一,栗原聡,沼尾正行.,"時系列センサーデータからのセンサー隣接関係の可視化",情報処理学会知能と複雑系研究会・電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会共催, 信学技報, Vol.105, No.224, pp.35--40, 2005.

栗原 聡,齋藤 達也,小檜山 賢二:IBM & R によるテクスチャ付き3次元スキャナーの開発,映像情報メディア学会画像センシング研究会,2003.

栗原 聡, 福田 健介, 廣津 登志夫, 明石 修, 佐藤 進也,菅原 俊治, Minority games におけるエージェントの社会的行動に関する一考察, 情報処理学会 知能と複雑系研究会, 2002.

栗原 聡, 福田 健介, 廣津 登志夫, 明石 修, 佐藤 進也,菅原 俊治: Minority games における個々のエージェントの挙動に関する一考察, 電子情報通信学会「人工知能と知識処理」研究会, 2001.

高田 敏弘, 栗原 聡, 廣津 登志夫, 菅原 俊治. URL文字列比較による関連Webページ群の発見, 日本ソフトウェア科学会第18回大会, Sep. 2001.

栗原 聡, 廣津 登志夫, 高田 敏弘, 明石 修, 菅原 俊治. ユーザのWWWアクセス履歴を利用した類似URL探索, 日本ソフトウェア科学会第18回大会, Sep. 2001.

栗原 聡,齋藤 達也,浜田 雄,小檜山 賢二, 実画像による超高精細3Dモデル構成法, 第29回画像電子学会 年次大会, 2001.

栗原 聡,齋藤 達也,小檜山 賢二:DRMにおける3次元情報処理技術の応用 〜高精細3次元データの取得と利用〜,「DRM構想」研究コンソーシアム 第5回研究会 ,慶應義塾大学三田, 2001.

栗原 聡, 福田 健介, 廣津 登志夫, 明石 修, 菅原 俊治, Minority games におけるエージェントの挙動と協調についての一考察, 計測自動制御学会 第23回研究会 「オープンダイナミクスの諸相」, 2001.

高田 敏弘, 栗原 聡, 廣津 登志夫, 菅原 俊治. リンク情報を用いた異形態表現を持つWebページ群の推定, 日本ソフトウェア科学会第17回大会, Sep. 2000.

栗原 聡, 菅原 俊治:経験強化と環境同定を統合するマルチエージェント強化学習法の提案, ソフトウェア科学会第15回全国大会, 1998.

栗原 聡, 尾内 理紀夫:全探索併用型実時間探索アルゴリズムの提案, ソフトウェア科学会第14回全国大会, 1997.

青柳 滋己, 栗原 聡, 尾内 理紀夫:自律ロボットにおける音・映像の実時間協調知覚の一考察, ソフトウェア科学会第13回全国大会,1996.

栗原 聡, 青柳 滋己, 尾内理紀夫:マルチエージェント実時間リアクティブプランニングのActive Vision Systemへの適用, ソフトウェア科学会第13回全国大会, 1996.

栗原 聡, 尾内 理紀夫:マルチエージェント実時間リアクティブプランニングにおける行動選択アルゴリズムについて, 人工知能学会第10回全国大会, 1996.

栗原 聡, 岡田 美智男, 中津 良平:カオスエージェントによる自己組織化について, ソフトウェア科学会第11回全国大会, 1994.

岡田 美智男, 栗原 聡, 中津 良平:対話における秩序の自発的形成過程, 音響学会全国大会, 1994.

栗原 聡, 岡田 美智男, 中津 良平:協応構造に基づいたマンマシンインタラクションについて, 音響学会全国大会, 1994.

栗原 聡, 岡田 美智男, 中津 良平:自律エージェントと実世界との協応について, 情報処理学会第49回全国大会, 1994.

栗原 聡, 岡田 美智男, 中津 良平: マンマシンインタラクションにおける協応構造, 情報処理学会研究報告, 94-SLP-2, 1994.

栗原 聡, 岡田 美智男: 多重ゴール環境下での行動選択の振る舞いについて, 情報処理学会研究報告, 93-AI-89, 1993.

安松 一樹, 山崎 竹視, 栗原 聡, 稲荷 幹夫, 土居 範久:SPiCE: A System for Translating Smalltalk-80 Programs into C Environment, ソフトウェア科学会第7回全国大会, 1990.

栗原 聡, 稲荷 幹夫, 土居範久, 安松 一樹, 山崎 竹視:Cをベースとするオブジェクト指向言語のガーベッジコレクション, ソフトウェア科学会第7回全国大会, 1990.

その他