国立大学法人 電気通信大学大学院情報システム学研究科/ドワンゴ人工知能研究所  栗原 聡

学歴

1990年3月 慶應義塾大学理工学部電気工学科卒(土居範久研究室).
1992年3月 同大学大学院理工学研究科計算機科学専攻修士課程修了.

職歴

1992年 4 月 日本電信電話株式会社 (NTT)入社.
        基礎研究所情報科学研究部.
1997年 2 月 基礎研究所研究主任.
1997年10月 光ネットワークシステム研究所分散ネットワーク
        システム研究部.
1999年 1月 未来ねっと研究所分散ネットワークシステム研究部.
1999年 6月 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科専任講師
        (有期3年,NTTと兼務).
2000年 4月 慶應義塾大学大学院理工学研究科計算機科学専攻
       にて博士号(工学)取得.
2002年 4月 慶應義塾大学環境情報学部非常勤講師.
2004年10月 大阪大学産業科学研究所知能システム科学研究部門/
       大阪大学大学院情報科学研究科情報数理学専攻助教授
2007年4月 同准教授
2013年4月 電気通信大学大学院情報システム学研究科教授 〜現在に至る
2014年10月 ドワンゴ人工知能研究所客員研究員

受賞(更新作業中です)

  • NTT未来ねっと研究所:所長表彰(2001年3月)
  • 第6回 FIT2007:"大規模自律エージェントシステムにおける契約ネットプロトコルの効率特性"にて論文賞 (2007年9月).
  • 計測自動制御学会 第23回センシングフォーラム:研究・技術奨励賞 (計測部門研究・技術奨励賞) (2007年10月)
  • AI-2007 Twenty-seventh SGAI International Conference on Artificial Intelligence:"Modeling Affective-based Music Compositional Intelligence with the Aid of ANS Analysis" にてBest six papers (2007年12月).
  • 情報処理学会 第69回数理モデル化と問題解決研究会:プレゼンテーション賞(2008年5月).
  • 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSワークショップ2008):ベストポスター発表賞(2008年12月)
  • 情報処理学会 マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2008) :優秀論文賞.
  • 人工知能学会2009年度研究会優秀賞受賞「WWW上の文章に含まれるイベント情報からの地名の同定」,(2010年6月).